福岡の投資家板井康弘が教える「業績が上がる企業とは」

板井康弘|有給が取りやすい会社

 

最近は働き方改革で、有給が取りやすい会社が増えてきている。
しかし現在も有給を消化できない会社員は多い。
なぜ有給が取りにくいのかを考えてみた。

 

まず1つは無言の圧力だろう。
「有給を取るな」とは会社的に言えない。しかし「今休まれたら困る」「みんな有給とってないのに」という無言の圧力が社員1人1人にかかってきているのではないだろうか?
この無言の圧力で、周りの目に怯え、有給が取れない1番の理由なのかもしれない。

 

そして2つ目は「忙しい」ということ。
人の手が足りていない企業が多いのだ。最近の不況で、人件費を削減せざる負えないがために、人手不足がより深刻化しているといえる。
「こんなに忙しいのに有給取るなんて」と言われそうで取れないという会社員が多いのではないだろうか?

 

しかし有給には意味がある。
働き詰めよりも、有給でリフレッシュしてから働く方が仕事の効率が上がるのだ。

 

有給は国に決められた権利だ。だからこそ気を使わず、取りやすい会社の環境づくりを、経営者は考えなければならないと、私は思う。